菊水菊水ショップ かよいぐら

酒粕焼酎の香りと生原酒の深いコク。 さらに刺激的な「黒のふなぐち」です。 生原酒 薫香 ふなぐち菊水一番しぼり 200ml × 30本(1ケース)送料無料

商品番号 285200-30
販売価格 ¥ 16,200 税込
送料込

お支払いについて

全国一律送料:660円(クール便は+220円)
10,000円(税込) 以上のお買い上げで送料無料

有料手提袋・包材はこちら

酒粕焼酎の香りと生原酒の深いコク。さらに刺激的な味わい。

テスト

菊水の蔵人がひそかな愉しみとして嗜んでいた酒粕から、香り高い焼酎を造り、醸造アルコールの代わりに加えて醸しました。江戸時代に普及していた「柱焼酎仕込み」に近い製造方法。
生原酒ふなぐちの濃厚な風味はそのままに、深みある華やかな香りもお愉しみいただけます。

「ふなぐち」は、しぼりたての生原酒です。非加熱でデリケートなため市場に出すのが難しく、かつては蔵に来ていただいた方だけに振る舞っていました。しかし、その旨さは格別で、評判を聞きつけた人が後を絶たないほどでした。この旨さを、もっと多くの人に味わってもらうには・・・?

鮮度を保つための試行錯誤を繰り返し、1972年、日本初のアルミ缶入り生原酒の開発に成功。蔵でしか飲めなかった「ふなぐち」が、たくさんの人に愉しんでいただけるようになったのです。

もっと詳しく

搾りたて生原酒ならではの酒銘。

「ふなぐちってどういう意味ですか?」。いまもよくお客様から頂くご質問です。 「ふなぐち」の名は酒造りの現場から生まれました。 発酵を終えた醪(もろみ)を、清酒と酒粕に分離するところを、酒槽(ふね)といい、この酒槽の口から流れ出る清酒を、菊水では「ふなぐち」と呼んでいました。それは火入れ(加熱処理)も割水もしていない、しぼったままの生原酒。この酒本来の味わいを詰めたことから、「ふなぐち」が酒銘となったのでした。

評判が評判を呼んだ酒の味。

容器からは想像もできないほどの、ほとばしる鮮烈な旨みと爽やかな喉ごし。そのフレッシュでフルーティな旨口は、日ごとに進む熟成により、角がとれたまろやかさを帯び、さらにブランデーのようなコクをのせ、やがて中国の老酒を思わせる味わいへと移り変わります。しぼりたての味わいは然ることながら、熟成の具合で違う趣きに出会える奥深さも、生原酒ならでは。
冷やして飲むのがお薦めですが、ロックや炭酸割も一興です。

閉じる

商品の特徴

  • 普通酒 生原酒
  • コクのある旨口
  • 精米歩合70%
  • アルコール19度
  • 新潟県産米100%使用
製法 普通酒・生原酒
精米歩合 70%
アルコール度数 19度
原材料 米、米こうじ、粕取焼酎
原料米 新潟県産米100%使用
保存方法 直射日光を避け、なるべく低温の場所で保存してください
製造者 菊水酒造株式会社
新潟県新発田市島潟750

味わいマップ

味わいマップ

飲みごろ温度

飲みごろ温度

おすすめ商品

前へ
次へ